昨日、歯医者さんに行ってきました。

今年の2月にも検診に行った際に、レントゲンを取ってもらって診てもらい

気になるところがなければ大丈夫ですと言われ(やほーい!)

家系的にも歯が弱く、虫歯になりやすい私はるんるんだったのです。

「順調、順調。あとは出国前に、歯石のお掃除してもらおう♪」って思っていたので

毎日の歯磨きをしっかり続けていたのでした。

 

さて、昨日の歯医者さんにて。

引っ越したために前通っていた歯医者さんに行けず、

現在の最寄の歯医者さんに行ったわけですが。

9月に出国するので、歯石お掃除ともし悪いところがあれば治して欲しいことを伝え、

いつものようにレントゲン検査。お口の中の写真撮り。

出来上がった写真をみて、ぶつぶつ言ってる先生。

「これは、間に合わないな。間に合わないな。間に合わないよな・・・」

 

??

私に言ってる?

小さい虫歯とかぶせ物が取れそうになっている歯と、

あと、なんと、根っこの治療をしたほうがいい歯が見つかったのです。

小さい虫歯ならすぐに治せるが、根っこの治療となると1~1ヶ月半かかるので

出国までに後者の治療は無理ですね。だって。

とりあえず、小さい虫歯とかぶせ物のほうの治療をお願いして3回分の予約を取ってきました。

 

さてここからどーする、わたし!

1.渡英時期を遅らせる。

しっかり治療してから渡英する。申し込んだ飛行機、学校、ホストファミリーの変更手続きをする。

2.イギリスで歯の治療を受ける。

3.半年後あたりに治療のために一時帰国する。

(私、選択肢好きですね・・)

 

1はめんどくさいなぁっていうのが正直な感想。

飛行機も日本のサイトから予約してない上に、

変更が(おそらく)きかない格安航空券を買ったため手続きが難しそう。

あと、気持ちがもう「9月!出国!」ってなっているので、

出発時期を延ばすと気持ちがだらけてしまいそう。

2はちょっと調べてみてすぐ諦めモード。

歯は保険でカバーされないために、治療費が高額なんですって。

虫歯一本治すのに、£200って情報も有り(これでも安いほうらしい)。

Privateの医師にかかると日本円で10万くらいかかったという情報も...

私の場合、根っこの治療なので、やはり言葉も通じて、安心して治療を受けれる環境を選びたいと思い

この選択肢はパス。

3、やっぱ3かなぁ。

出国したら2年は絶対日本に戻らない!なんて気張ってしまって、

そんな風に思ってるから、あれもこれもと荷物も増えるし、変に思いつめてしまう。

・仕事とか何か他のことに縛られるわけでもない。

・学校等スケジュールを調整できる。

・心配している両親やおばあちゃんにも顔を見せることが出来る。

 

そんな感じで考えてたら、一時帰国に落ち着きました。

その際に気をつけることがこちらにも紹介されてます。→ワーキングホリデー通信

住民票復活させるのね、国保に加入するのね、

知らなかった。

往復の飛行機代を出しても、

治療の安心と両親に一旦顔を見せることが出来る安心、

あったらいいなを日本からイギリスに持って行ける安心、

うん、安心があってのチャレンジですからね。

 

一時帰国時期を決めることが、to doリストに加わったのでした。