私の同僚(だった)の一人にイスラム教を信仰する女の子がいました。

彼女と宗教の話になり、
どの宗教を信仰しているか、日本でのメジャーな宗教は何なのか、
おしゃべりする機会がありました。
また、私が無宗教だと言うと、
「じゃあ宇宙の誕生は偶然だと思うの?」
「大きな爆発だけでこんなにうまく惑星が配置するとは、私は信じられない」
「私は神がすべてを想像したと信じる」
と彼女は私を質問攻め。
あ・・・うっ・・・と私も答えにつまる。

あ、でも私はご先祖様を崇拝してるよ。
おじいちゃん・おばあちゃん、つまり祖先がいてくれたから
今の私があるんだし。
日本ではお盆にご先祖様をこの世にお迎えするし、
お家の中に棚のようなもの(仏壇)を置いて、ご先祖様の写真を飾るんだ。
質問の答えの代わりにそんなようなことを彼女にしゃべって、
まだ若い10代の彼女は、「ふーん、そうなのね」みたいな反応。

そして、「今月中旬からイスラム教のラマダンが始まる」と教えてくれました。
ラマダン中は、日中太陽が昇っている間は、
食べ物を食べないことはもちろん、水も飲まない。
ガムもダメ、飴玉をなめることもダメ。
日が落ちてから、ようやくその日初めての食事を取るのだと言いました。

私「信じられない!お水くらいは飲んでもいいでしょう?」
彼女「だめ、それは許されないの」
私「じゃあいつご飯食べるの?」
彼女「日没後(きっぱり)。でもラマダン中ってなんだか楽しいの。
   一日中ファスティング(断食)してたら、
   1回の食事でそんなにたくさんは食べれないんだけど
   家族みんなでやっと食べるご飯時間はなんだか楽しいんだよね。」
私「そうなの!?じゃあ、私も1日だけラマダンやってみるよ。」

彼女の「ラマダンは楽しい」発言に誘われて、私も1日ファスティングに挑戦してみることにしたのでした。

(長くなるので次のポストへ続く)