タグ

環境、お天気とか気温とか、
そういう環境。

ロンドンに住んで2年と2か月が経ちました。
だんだん小さな変化にも気づくようになるこの頃です。
最近思うのが、環境問題について。
特に気温。
私は気温が10度以下にならないと厚手のコートを着ないタイプなので
いつも12月上旬まで秋用のジャケットを着まわしています。
11月になってちょっと寒いかなって思う日は、
セーターの下にヒートテックを着て、そのうえにジャケットをオン。
そうすると厚手のものを羽織らなくても、寒さをしのげます。
私がいつも薄着に見えるみたいで、友達に「大丈夫?寒くないの?」と聞かれることもしばしば。

ロンドンに来ての印象は、夏は日が長いうえに涼しく、冬は暗くて長く、
だけど湿気がほとんどないから快適快適っていう感じでした。
ところがここ数週間いつもよりもあったかく感じ、しかも湿気がある!
湿気がないと5~6時間で洗濯物もすぐに乾くし、髪の毛も膨らまないし
私にとってはとても都合が良かったのですが・・・
ちょっとひんやりして湿気の少ない空気の中にいるシャキッと感、
あれが欲しいこの頃。

Met Officeによると、
2014年11月は計測史上上5番目に暖かい月だったようです。
それよりも暖かく感じてる今年なので、記録が更新されるのでは。

もう一つ気になったのが、ロンドンセントラルの空気。
今まではほぼセントラル、Zone2でもZone1よりの地域に住んでいたので
あまり外から中心を眺める機会がありませんでした。
今は大学の関係もあって、以前よりはセントラルから離れた地域に住んでいます。
そう、それで、とある日に歩きながらロンドン中心地を見ていたときのこと。

IMG_3018[1]

建物と空の間の空間にご注目。
あれ?何か煙が漂ってる?って思うような灰色の部分が見えますよね。

下の写真はまた別の日に同じような角度から撮ったもの。

IMG_3070[1]

ロンドン中心には大きな公園もあるし、緑豊かだと感じていたので
こんなに上空に排気ガスのようなものが漂っているとは全然思っていませんでした。
でも、中心地の車の量と交通渋滞、人の多さを見れば納得は出来ます。
もしかしたら東京も遠くから見たらこんな感じなのかな?

イギリスの普通のお家にはエアコンがついていません。
もし気温がどんどん上がって夏にエアコンが必須って状況になったら
この大気汚染ももっとひどくなるでしょうね。
湿度も上がって亜熱帯に近い温帯気候みたいになったら、
涼しい地域が好きな私はさらに北上しなきゃなぁなんて考えてみたり。

≪追記≫
こんな記事を見つけました。やはりそうだったか。。。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N69K556S972Y01.html


イギリス留学 ブログランキングへ