3月に突入です!

先月でパートタイムの仕事を終えました。
これから勉強に使える時間が増えると思うと、気持ち的に少し楽です。
私が辞める最後の日、新しく入ったアイリッシュの男の子と
半年一緒に働いているブリティッシュの男の子とシフトが同じでした。
実はその日がその男の子二人の初顔合わせの日で、
Nice to meet youのあいさつと自己紹介とで話が始まったのですが
私はその二人がどんな話題を続けるのかとても興味があり
耳をダンボにして一生懸命聞いていました。

二人とも大学生、20か21歳くらいの年齢。
この仕事以外に何やってるの?
大学生?どこで勉強してるの?専攻は?
ジョブインタビューみたいな会話(笑)
アイリッシュの男の子がBristol大学に行っているという話の流れから、
「ブリストルかぁ、市長がちょっと変なやつだよね」
「Green partyの女性リーダーに会ったことあるけど、いい感じの人だったよ」
「Bristol Poundってのもあるしな」
など、その地域の政策についてぶわーっと話し始めました。
はい、私半分くらい聞き取れてません。
会話に入らなくちゃと思った私は、かろうじて聞き取れたキーワードを頼りに頭をフル回転。
アイリッシュの男の子は説明好きなタイプとみえ、丁寧にいろいろ説明してくれます。
助かる~(笑)
Green Partyの女性ってそんなに変な人なの?って聞くと
「いい感じの人だけど、赤毛の女性でいつも緑の服を着てるんだ」って。
検索してみたらそのような女性がヒットしてちょっと笑ってしまった。
確かに、Green Partyだけに制服代わりとして緑なのね。
Bristol Poundについても知らなかった私。

Bristol Pound note

検索して見つけました。
可愛いデザインじゃないの!
地域活性化のために2012年に導入されてたみたい。
この通貨はブリストルの地域のみで使用可。
通貨が他の地域に流出しないで、ブリストルの中で循環する仕組み。

ブリティッシュの男の子はニュースをチェックしないと落ち着かないんだと言って、
勤務中も忙しくなければPCを占領してニュースサイトをチェックしています。
ちょっと話をしてみてもわかりますが、その知識量と言ったらすごいこと。
私20歳のころ全然ニュースチェックしてなかったわぁ・・・あはは汗

私が早番だったので閉店前に仕事を終えることに。
もう最後だからハグして挨拶したかったのに、
ブリティッシュの男の子は「ぼくそういうの好きじゃないんだ」とか言い出す!
なによそれ!って言ったら、しぶしぶのハグから私を持ち上げ
お店の外に運び出されてしまいました。
2メートル近い身長の相手に持ち上げられたら、何も抵抗できません(笑)
しんみりするのが嫌だった彼がわざとおどけてみせたのでした。

そんなこんなで最終勤務日も楽しく働けたのでした。
さて今月、たくさんエッセイ書くぞ~


イギリス留学 ブログランキングへ