タグ

, , ,

Edinburghレポート第二弾。

美術館があれば、その土地の美術館にも足を運びます。
(去年行ったイタリアのFlorenceでは暑さにバテてしまったせいで美術館入場を断念。。。
ホテルで休んでました。リベンジせねば!)

いくつか入場無料の美術館もあるので、まず手始めにScotish National Galleryから。

IMG_4315[1]

IMG_4316[1]

IMG_4318[1]

IMG_4321[1]

赤の部屋、モスグリーンの部屋、ライトグリーンの部屋など色事に分けているのも面白かったです。
イタリアの作家も多かったですが、スコットランド出身の画家たちの絵の展示もありました。
ロンドンに来てからというもの、有名どころの美術館にそれぞれ7,8回ほどは訪れていますが
まだなんとなーくしか把握出来ていないところがいっぱいです。
例えば、画家の名前とどういう流派に所属するのか、書かれた年代・時代背景などなど。
印象派については少し説明できます(と思う)が、
宗教画になると描かれている内容がわからないことが多い。
最近はオランダの画家たちの描く静物画も目に止まるようになってきました。
いやぁ、範囲が広くてカバーしきれない!
詳しくなりたいと思うのは、旅行に行く口実になるからです。
何もわからないで見ても感じ取れるものはあるけれど、
やっぱり少しでもわかってたほうが感動や面白さが倍になるんですね。
だから止められない。。。

お次はScottish National Portrait Galleryへ。

IMG_4332[1]

IMG_4336[1]
先日90歳になられたエリザベス2世のポートレートも。

IMG_4338[1]

IMG_4339[1]

IMG_4341[1]

IMG_4342[1]

豪華な内装でした。

IMG_4357[1]

私たちはこの見ごたえのある2つの美術館に大半の時間を割いてしまいました。
博物館も見たかったけれど、残念です。
でも、まあ、また戻ってくる理由が出来たということで(笑)

<つづく>


イギリス留学 ブログランキングへ