タグ

,

イルミネーションの季節ですね~
お店は全部クリスマスモード。
プレゼント用の商品やクリスマスを飾り付けるオーナメントなどであふれています。
みんなの購買意欲と言ったら、すさまじいこと(笑)
Selfridgesに行くと、みんなの買い物したくてしょうがない意欲がギラギラ伝わってきます。

というのも、イギリスでは家族(親戚含む場合もある)全員のためにクリスマスプレゼントを用意しないといけないそう。
日本のお正月に贈りあうお歳暮感覚かしら。
だから、11月からみんなクリスマスプレゼントの準備のための大掛かりな買い物を始めるのです。
初めてそれを聞いたときは、「プレゼントを贈りあうなんて、なんかいい習慣♡」と思ったのですが
毎年準備しないといけないとなると、義務っぽいことがあまり好きでない私は「うーん・・・めんどくさい」となってしまいそう(笑)
イギリス人と結婚している元仕事場の先輩は、話し合いをしてこの習慣を辞めることにしたそう。
というのも、もらったプレゼントが趣味の悪いものだったり、全然嬉しくないものだったりとあんまりいいことが続かなかったそうで
もらって嬉しくないものは最悪チャリティショップなどに持って行って売っちゃったりしたんだと。
(もちろん先方には内緒で)
こんなことに無駄なことにお金を使うのはもったいないということで、
みんなで話し合ってプレゼント交換はなしにしたと話していました。

私は特に、男の子とかが「お父さんとお母さんのためにプレゼント買わなきゃ」なんて発言するのを見ると
かわいいなぁ~って思ってしまいます。
そうだぞ、両親は大切にしないとね、と私の老婆心がむくむく(笑)

クリスマス直前に慌ててプレゼントのための買い物をすることを
”last minutes Christmas shopping”なんて表現しています。
そんな時の慌てている方の顔、だいたいがすごい怖い表情をしていて必死さが伝わってきます(笑)
見ていても怖いし、接客していても怖かったです((+_+))
本当に大切に想っている人へのプレゼントだったら、私もプレゼント選び楽しめそう。と思ったので
今年は日本に住む両親へサプライズで小包を送ってみようと思います。

クリスマスショッピング中のもう一つの楽しみが、やっぱりイルミネーション。
Oxford Street、Carnaby Streetもきれいにイルミネーションが飾り付けられていました。
file_001file_003file_004file_0001

まだRegent Streetが点灯されていないので、まだかまだかと待ち遠しくしています。
大きな羽とスカートがモチーフのエンジェルが建物の間に浮かんでいるのですが、
ライトがついたら絶対きれいだろうと思うのです!
まだかな、まだかな。


イギリス留学 ブログランキングへ